スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【咲-saki-】決勝・大将戦みたいな試合になる確率

第19局「友達」観ました。
個人的には原村さんの、副露しても親リーチ→ベタオリみたいな現代的な闘牌シーンが好きなんですが、大将戦の能力のインフレっぷりは爽快で、最高に面白かったww

ふと思ったのが、こういう試合になる確率ってどのくらいなんだろうという事。といっても漠然とし過ぎているので、「河底撈魚」「嶺上開花」「槍槓」「三槓子」あたりの珍しい役に絞って、これらの役が飛び交う確率をざっくりと計算してみました。
数字は苦手なので、間違い&勘違い見つけたら指摘お願いしますm(_ _)m

まずは「河底撈魚」。
出現確率はコチラを、
各局の和了り役はコチラを参照させてもらいました。


河底を衣が和了ったのが、前半東三局1本場、東四局、後半東一局、南三局の4回。出現率0.63%の河底が、半荘2回、全22局で4回出現する確率は、2項分布確率で計算して約0.001%
お子様でも出来るレベルですね^^

同じように、嶺上開花(0.28%)が5回、こちらは約0.00000043%
咲さんパネェwww
原村さんも惚れるわけだ。

池田への狙った差し込みも含めた槍槓2回は約0.0057%、
一部役満よりレアと言われる三槓子2回は、約0.000058%

以上が全部22局のうちで起こる確率は、それぞれが独立しているとして(槓子系はお互い関係しそうだけど…)、
全部乗算してみると、1.4659*10^-24という結果に。
いまいちピンとこないけれど、ハルヒのエンドレスエイトでおなじみの
ロイヤルストレートフラッシュ(手札交換ナシ)の確率が1/649740=1.53908×10^-06というレベルなので、
ざっと6回連続ロイヤルストレートフラッシュあがる程度の確率という事になりました。


結論:咲さんマジパネェ

咲さんこええ

スポンサーサイト

theme : 咲-Saki-
genre : アニメ・コミック

tag : 咲-Saki- 麻雀 確率 アニメ

2009年春ドラマ 1話雑感

アジア界隈大騒ぎのツヨポン逮捕。そもそもチンコが猥褻って言われても納得しかねるし、実際に人に迷惑をかけたのは騒いでいたっていう部分なんじゃないの?家宅捜索はやりすぎだと思う。「飲酒したら別人になってしまう」というメル・ギブソン ディフェンスを使って、頑張って復帰して欲しい。鳩山総務相のほうがよっぽど人間として最低だと思う、マジで。



さて、春クールの新ドラマも1週とちょっと回転。今回も暇人かよ!!ってくらいチェックしたので雑感+視聴率予想なんかも。

・臨場[水21][テレ朝]
【初回視聴率/予想平均視聴率】
14.1%/14%
「ゴンゾウ」の人が今度は検死官に。B級臭がするが、なんというか手馴れた面白さがある。

・アイシテル~海容~[水22][日テレ]
【初回視聴率/予想平均視聴率】
13.2%/13%
BGMとか、なんか色々と心臓に悪い。稲森いずみとか子役とか演技すげえ((( ;゜Д゜)))。あんまり好みのテーマじゃないけど、役者と脚本がしっかりしてれば面白いんだなあとしみじみ感じた。

・婚カツ![月21][フジ]
【初回視聴率/予想平均視聴率】
16.3%/12%
序盤のテンポいい導入は流石月9。上戸彩+中居クンが始まる前から降参宣言みたいなのモノもあり(自分はドラマ主演向いてないetc.)期待してなかったけど、悪くなかった。これからどのくらい時代の空気にマッチできるかが勝負?出会い=運命みたいな主題を強調しすぎると凡庸になりそうな気がする。

・BOSS(ボス)[木22][フジ]
【初回視聴率/予想平均視聴率】
18.1%/11%
実況chでは「離婚弁護士かよ」という声多数(監督?も主人公の状況もカメラワークも同じ)。天海祐希がアラフォー版上戸彩に思えてきた。武田鉄矢をレギュラーにしてくれたら見る。

・ぼくの妹[日21][TBS]
【初回視聴率/予想平均視聴率】
12.2%/10%
出だしの設定からしてなかなか面白かった。展開も早いし、最後までダレずに見れた。今後あんまりドロドロ展開になって欲しくないけど、予告を見る限りちょっぴり不安。

・ザ・クイズショウ[土21][日テレ]
【初回視聴率/予想平均視聴率】
14.0%/8%
超期待!と煽ってくれていただけに、ガッカリ度も高し。こんなにリアリティのない脚本は久しぶり。細かい点の整合も取れてないし(半ば事故的な殺人なのに、意図的に殺害したかのような楽屋の会話のニュアンスは不自然じゃないだろうか。プロット上に一番重要な部分なのに)、「番組内の生放送が放送事故」というよりむしろこのドラマが放送事故。

・アタシんちの男子[火21][フジ]
【初回視聴率/予想平均視聴率】
14.1%/9%
9時台のドラマこんなんばっかりですね。思ったより「逆ハーレム」描写は少なかったけど今後はどうなることやら。イノセントラブでは堀北真希いいなあと思ったんだけど。。。

・白い春[火22][フジ]
【初回視聴率/予想平均視聴率】
13.7%/9%
アベちゃんドラマ。大橋のぞみちゃんはさすがに演技が固い。なんともまだ未知数だけど継続予定。阿部ちゃんには「仁~JIN~」も主演でやってほしい。

・スマイル[金22][TBS]
【初回視聴率/予想平均視聴率】
11.7%/9%
プロットや脚本は良く出来ていると思う。キャストも豪華。ガッキーのセーラー服姿はかわいいけど、流石にコスプレに見える。真の悪役の小栗旬が!!みたいな感じで、ファンタジーだと思って見るといいかもしれない。

・ゴッドハンド輝[土20][TBS]
【初回視聴率/予想平均視聴率】
8.0%/7%
親父乗り移り過ぎ。もうちょっと必殺技っぽく1放送で1回とかにしたほうがカッコよくない?全体的に既視感漂う医療ドラマ。

・名探偵の掟[金23][テレ朝]
【初回視聴率/予想平均視聴率】
10.8%/6%
東野圭吾原作。メタ描写が多すぎるし、行ったりきたりし過ぎる。原作では面白いのかもしれないけど、推理小説を読むような人が楽しめる仕掛けをテレビでそのまま見たいと思う人はいるのだろうか?それを担ってるキャラ=大河原番三がキム兄なのもキツい(演技的に)。ヘンなカメラワークや、騒音でセリフが消されて言い直すシーンとか、細かい演出でちょっと面白い所もあった。

……

全体的に、冬ドラよりは大分マシという感想。

冬は在宅率が高いから各局気合が入ってた筈なのにアレだったので、気合を入れればよいという訳じゃないみたいですね。開局ン十年みたいなどうでもいい事で盛り上げられてもねぇ…みたいな気分だったし。

▼草なぎ容疑者、逮捕時に「シンゴー、シンゴー」と絶叫
http://www.sanspo.com/geino/news/090423/gnd0423020-n1.htm
「シンゴー、シンゴー」と香取慎吾と思われる名前を叫んでいたことが、近くにいた人の話で分かった

これは切ない(´;ω;`)

theme : テレビドラマ
genre : テレビ・ラジオ

tag : ドラマ

2009年冬アニメ 雑感

海外の大手アニメファンコミュニティのMyAnimeList、3月30日付けのランキング。

▼What's Being Watched? Mar 30
http://myanimelist.net/anime.php

1位 とらドラ!
2位 Mobile Suit Gundam 00 Second Season
3位 スキップ・ビート!
4位 Soul Eater
5位 明日のよいち
6位 One Piece
7位 Clannad ~After Story~
8位 BLEACH
9位 アキカン!
10位 NARUTO 疾風伝



最初はエキセントリックなキャラ設定が目に付くドタバタ学園コメディだったと思ったら、その設定を生かしつつも、それぞれのキャラの繊細な心理描写に重点が移動していった感のある『とらドラ!』。「こんなの求めていたのと違う!!」と思ってたけど、次第に「…いいんじゃない?」という感じにw(そして亜美の株がアップ)
海外でも「とらドラ!」がウケていたというのはちょっと意外だったけど、アメリカだって皆がみんな「チアリーダーとアメフト部員」みたいなマッチョな恋愛をしているわけじゃないですしね。なんだかんだ冬アニメの中では一番見応えがあったかも。

『CLANNAD』は、そういう意味ではより日本的な読みの規範の上に成り立ってるのかなあとは思いました。初めての汐との旅行の帰り、渚を思い出して泣くシーンは反則級。ただ、最終回の総集編はいただけないと思ったり。

ほか、結局なぜか全部見てしまったシリーズとして『とある魔術の禁書目録』。最初は「禁書の話はどうなったの?」とか、トウマの言動にイライラしてたんだけど、次第に気にならなくなってきて、最終的には「こまけぇこたぁいいんだよ!!(やるおAA略) ミカサ妹のパンチラもっと出せ!」とノリノリで見てた\(^o^)/OP・EDも曲、アニメともに良かったです。

とにかく09冬は、制作費削減が利いたのかドラマがさっぱりだったので、アニメとコミックがメインでした。



春アニメは、なんだかんだハルヒが楽しみ。
「改めて放送」という含みのある表現は、個人的には新シーズンが始まるんだと思ってます。

▼4月からの「涼宮ハルヒの憂鬱」の放送について。
http://www.saiani.net/article/116432592.html

『涼宮ハルヒちゃんの憂鬱』『にょろーんちゅるやさん』のyoutube無料配信(英字幕も同時UP)とか、盛り上げ方が、ティーザー期間としか考えられない!


「ハルヒちゃん~」は個人的には12話が面白かったです。
http://www.youtube.com/watch?v=bIUX7tttUmE&fmt=18

虚雲wwww
なんで泣いたの?みたいなコメント多かったけど、なんでって言われると、確かになんと答えればいいのか難しい…


tag : CLANNAD とらドラ! とある魔術の禁書目録 涼宮ハルヒの憂鬱

2009年冬ドラマ 1話雑感

前エントリで、google経由でのアクセスが意外と多くなったので、調子に乗って冬ドラマの盛り上がり予想。(アニメは今週チェック予定)
コメントはあくまで印象批評なので、腹を立てないでもらえるとうれしいです。。。


◎ヴォイス~命なき者の声~
1話を大体見終えた感想として、冬ドラの本命。学生達のキャラクターと、キャストもよい。初回のプロットは「検死」でなくても成り立ちそうなだけにちょっと物足りなかったが、面白くなるポテンシャルはあると思う。これでヒットしたら瑛汰は準妻夫木クラスか?

○ラブシャッフル
野島伸司脚本。エレベーターに閉じ込められた男女が放尿を踏みとどまった挙句、仲良くなりスワッピングする事になるドラマ。まとまらなくなって尻すぼみになりそうなストーリーではあるが、今後に一応期待。

▲ありふれた奇跡
慎重に言葉が選ばれている印象をうける脚本。往年のトレンディードラマみたいな雰囲気?加瀬亮の抑えた演技がハマっている。初回としては申し分ない話運びじゃないだろうか。

・特命係長・只野仁 4thシーズン
ゴールデンの初回にも関わらず、最大限努力してくれたであろうサービスシーンと、高橋克典の韓流日本語が上手すぎで、星5つ。只野はやっぱり別腹。

・天地人 (NHK大河ドラマ)
上杉景勝、謙信に北村一輝、阿部寛という濃いどろこの配役が個人的にツボ。東野圭吾原作ドラマみたいに今後もちょくちょく子供時代と大人時代を交互に見せるのだろうか?今のところなんとも言えないけれど、期待。

△トライアングル
海外ドラマを意識した本格サスペンスを目指す…らしいが、同じく洋ドラ志向の前クール「スキャンダル」のがよっぽど「洋ドラ度」は高い。画面も安っぽいし、主演の江口洋介の演技も過剰というか、不自然。(インタヴューを見たかぎり、suspiciousに見せているらしいが)

☆メイちゃんの執事
初回に枠拡大で裏番組とかぶせるのは勘弁してください(HDDの都合的に)。肝の3人、メイちゃんと水嶋ヒロと電王のキャスティングがバッチリなので、順当に少女漫画らしさを体現していって欲しい。

・歌のおにいさん
役柄とは言え、始終しかめっ面の大野君に疲れてくる。深夜ドラマとしかいいようがないクオリティ。GNDの女の子は結構頑張ってる(というか器用っぽい?)

・神の雫
モースト・ガッカリ・ドラマ。原作でもまだ明かされていない「神の雫」と「使徒」をテーマにしたら作品が成り立たないだろうから、どうアレンジするのかハラハラしていたら、6本の使徒て…それじゃ「使徒(apostle)」じゃないじゃないですか。他にも言いたいことが沢山あるが、2話目以降みてから何がいけなかったのかゆっくり考えてみたい。

(参考)
日経エンタテインメント ! 2009年 02月号



等等。

theme : テレビドラマ
genre : テレビ・ラジオ

tag : ドラマ ヴォイス~命なき者の声~ ラブシャッフル ありふれた奇跡 特命係長・只野仁

ドラマ&アニメランキング2008

唐突に、2008ドラマ&アニメごちゃまぜランキング発表!!

トレンドウォッチャーとしてドラマ、アニメは結構チェックしており、去年もドラマはほとんどの第一話は観ました。とは言え8時台、9時台のドラマは腰を据えて観るには内容が薄いモノが多いし、時間もかかるので「ながら見」が多いです。

アニメは本数も多いので、1話すら観てないモノも結構あります。どちらにせよ、それなりに面白かったけど観続ける気にならなかったタイトルもありますが、通して視聴できたモノに絞りました。当然偏りまくりのランキングですが、何かしらの参考になれば幸いです。

それではスタート!!


15位
とらドラ!



ラノベ原作で学校モノ、ストーリーにはツッコミを入れたくなる事もしばしばだけど、キャラが魅力的だったので結局通して観てしまったシリーズ。EDのこのMADは兄貴系MADでも個人的に最高の出来(のキモさ)でした。


14位
ヤスコとケンジ



多部未華子が妄想癖のある恋する女の子を演じる、既視感のあるドラマ。少女漫画原作、兄貴が元暴走総長で現少女漫画家、松岡君はハマり役でした。元レディース役の広末涼子も可愛かった。


13位
墓場鬼太郎



オープニングは必見。原作に忠実なストーリーと、そっくりの絵でキレイに動く。個人的には今年はこれ以外ノイタミナはパっとしない印象。


12位
おせん(ドラマ)



プロットで言えばもっと良い作品は沢山あった(原作者は内容のあまりの相違にショックを受けて、突如連載中断になったらしい→ソース)。蒼井優の和服と、料理が本当に美味しそうだった部分だけのポイント。バンビ~ノとかでも思ったんだけど、厨房の雰囲気をもっとリアルに描けないものだろうか?


11位
絶対彼氏~完全無欠の恋人ロボット~



もこみちドラマ。誰もがレガッタの二の舞を危ぶんでいた不安ドラマだったが、蓋を開けてみれば予想外の面白さ。ロボット役が驚くほどハマってて、続く主演の「オー!マイ・ガール!!」でも、役者として成長しているなあと思った。ラスト3話、感情が芽生えるナイトに正直泣いた。


10位
かんなぎ


神道的なモノを題材にしたアニメかなと思ってみたら、良質なふとももアニメだった。そうこうしているうちにネットで妙な盛り上がり方になってしまって残念。背景MOBとして某有名アニメ監督がでてきたり、カラオケボックスに別アニメのキャラが登場してたり、話題作り的な手法を批判する向きもあるけれど、それはそれでアリじゃないかなあと。


9位
ラスト・フレンズ


DV、性同一性障害や幼少期のトラウマで女性恐怖症を抱える若者達が共同生活をしたりしなかったりの青春群像劇。ジャニーズの錦戸君がDV夫っていうのはチャレンジングだなあと思いましたが、彼が登場するたびに手に汗握る展開で、気づいたら引き込まれてました。


8位
ギャグマンガ日和 第3期



大好きなシリーズ。作品の面白さに尺は関係ないですね。けどやっぱり1期、2期のほうが好きかも。以下ドラマが続きます。


7位
あしたの、喜多善男 ~世界一不運な男の、奇跡の11日間~


俳優陣、特に喜多さん(小日向文世)の演技が素晴らしかったドラマ。ちょっとした表情でもう一人の喜多さんに入れ替わる瞬間は鳥肌モノ。実況chも盛り上がったり荒れたりしたのもいい思い出。


6位
鹿男あをによし


小説原作だけあって、ミステリーとしても楽しめたし、主役脇役全員キャスティングも素晴らしかった。奈良の景色や雰囲気がよく表現されていて、独特の色合いとカメラアングルで描かれた映像が綺麗だった。ハイビジョン推奨。


5位
流星の絆


「のだめ」以来の毎週楽しみだった久しぶりのドラマ。番宣を見た感じは、テーマが復讐だったりして「魔王」みたいなストーリーかなと不安だったけど、クドカンらしさも発揮されたドラマ内ドラマみたいな仕掛けや、家族で見たら気まずいであろうシーンも満載で、テレビはかくあるべし!と唸りましたw主要登場人物が少ないので、犯人が2人くらいに絞られてしまうなあと思いつつ、最後まで見所のある展開で楽しめました。


4位
CLANNAD -クラナド-


1期の後半と、アフターストーリーの前半は2008年の枠内?ゲーム原作というのと、アホ毛ヒロインに抵抗があったりして見てなかったんですが、1期からじっくり観賞しました。ちょっと長かったけど風子のエピソードと、学園祭とその前後が良かった。所々の2828展開や春原アクションは言うに及ばず。


3位
篤姫
(NHK大河ドラマ)


まさか全部見ることになるとは思わなかった、という意味でもこの順位。最後の方は無血開城くらいしか見所もなかったし(篤姫の活躍的に)、民放が妙な乗っかり方してきたりして興が削がれた感があるけど、家定&斉彬の落命あたりまでは特にガッツリ楽しみました。


2位
マクロス フロンティア


実は最初は1話目をみてピンと来ず、視聴をやめてました。話題になってから見直してみたところ、シェリルがデレる頃には完全にハマりましたw武道館ファイナルも行きましたが、曲数が限られる中あれだけ魅せる内容はなかなかできるもんじゃないなと。素晴らしいエンタメ作品、もう1回見直したいシリーズです。



そして2008年、第1位の作品は…






1位
仮面のメイドガイ



いや、別に今年が丑年だからとか、そんなんじゃないっすw 巨乳=最高というマッチョな思想、ドジっ子メイドや金髪ツイテール貧乳イギリス娘みたいなベタベタすぎるキャラクター達、そしてなりよりメイドガイのキャラクター。後半のテニスのダブルスは笑いすぎて腹が痛くなりました。問答無用で楽しめた作品。


見返してみると、テレ朝ドラマがひとつもなかったですが、「ゴンゾウ~」はPTSDを抱える刑事の内面みたいな新鮮な切り口もあり、中々の意欲作だったと思います(刑事モノは普段「観るとそれなりに面白いんだろうけど、普段積極的に観ることはない」みたいな位置づけ)。

アニメでは、コードギアスや狼と香辛料(あとサンレッド)あたりは観ていたらランクが入れ替わっていたかも。コードギアスはシーズン1も見てないので、北米版DVD待ち。
やっぱりDVD高いよ(;´Д`)


まあそんなこんなで、今年もよろしくお願いします。

・2008年のテレビドラマwiki
・2008年のテレビアニメwiki

theme : 2008年 テレビドラマ
genre : テレビ・ラジオ

tag : 2008 ドラマ アニメ ランキング

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
Amazon.co.jp
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。