スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アニメバブル崩壊?

▼「アニメバブル崩壊」とかいまさら言われてもなあ [切込隊長BLOG]
http://kirik.tea-nifty.com/diary/2009/05/post-97d8.html

>>作品が良いとか悪いとかではない。ヲタ向けだから良い、悪いということではなく、一義に「持続可能であるか」が問題になる。

持続可能…と言われると、「あるタイトルに○人の原作信者がいて、○本DVDが売れてペイできそうなのでアニメ制作します」みたいな方向ばっかりに進んでしまいそうでちょっと寒気がしてしまう(腐向けタイトルが増えそうという意味でも)。

どのみちアニメが当たるかどうかなんてギャンブルなんだから、「A社のパンツじゃないアニメが当たって、B社の宇宙人の女の子のアニメが安定して売れて、C社の(以下略)がヒットして、他は殆どダメでしたが全体としては黒字でした」ってなったときに、ポートフォリオやらなんやらよくわからないものを駆使してリスクを分散して、アニメ全体で利益が出ているウチはみんな幸せみたいな仕組みにすればいいんじゃないですかね?

「四年前に自著」も気になったので、amazonマーケットプレイスで1円だったしとりあえず注文してみました^^(送料込み341円)

そういえば国をあげてアニメ産業に取り組みはじめたという噂のシンガポールは、国をあげてバクチをし始めてしまっていると考えていいんだろうか。それともイベントとかコスプレとかの体験産業が多いとまた違ったりするのかしら。


▼アニメバブル崩壊 DVD不振、新番組も減 [asahi.com]
http://www.asahi.com/showbiz/manga/TKY200905040063.html

>>人口減で縮小する国内に代わって期待される海外市場も、伸び悩んでいる。代表が米国だ。

ほとんどの"Anime"が合法的に、それなりに高画質(&英サブつき?)で"crunchyroll"で見れて、そうでないアニメもgoogleで検索して1~2クリックでtorrentファイルが探せてしまう現状では、いい悪いは別にして正直しょうがないんじゃないかと思う。

▼crunchyroll
http://www.crunchyroll.com/
(※日本のIPからだと本編見れません)

DVD買う理由と言ったら、「お布施」としての意思表明か、特典目当てか、パッケージを手元に置いておきたいと思えるほど好きか、日本版より安いから買う日本人か、吹き替えアニメで英語も勉強しちゃおうという奇特な日本人(自分含めてどうせ10,000人位)であるか、という位しか思い浮かばないし…。

>>「年間の総制作分数で、日本はすでに中国に抜かれたはず。これからは量より質を重視し、国公立大学でアニメをじっくり教えるなど、官民が力を合わせて質の高い人材を育て、それを日本の強みとする道を考えるべきです」

官は余計だと思う。
サポートするつもりなら、例えばアニメーターみたいな最前線の人達は、スタジオに所属していても殆どが個人事業主らしいので、そういう業種には特別控除をつけるとか、経費の幅を広くしたりとか、福利厚生を手厚くとかそういう方向の方がいいんじゃないかと思う。(すでにあったらスイマセン)

ともあれ、公立学校で教わったパンチラなんて見たくない。



他ソース:東洋経済09/3/14号、級友のアニメーター(今は演出、たまに原画)との飲み話





tag : アニメ アニメバブル崩壊

comment

Secret

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
Amazon.co.jp
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。